恵那山荘近隣のひなまつりイベント紹介

恵那地方はひなまつりを旧暦で祝ってきたので、
ひなまつりイベントも3月〜4月上旬にかけて行うところが多いです。

これからの観光の参考に、恵那山荘近隣地域のひなまつりイベントを紹介します。

★第30回大正村 2018 おひなまつり

平成30年2月3日(土)〜4月15日(日)

大正ロマン館での大正村所蔵の明治・大正時代のひな飾りの展示、
明智文化センターでの土びなやつるしびなの展示、矢絣の着物袴の着付け体験など。

日本大正村公式サイト



★第16回いわむら城下町のひなまつり

平成30年3月1日(木)〜4月3日(火)

岩村城下町とその周辺110か所で江戸時代から伝わる雛人形や、
手作りびななど3,500体が展示されます。
期間中は土日になべまつりやストリートライブ、まちなか市などの催しもあります。

Facebookのページ


★恵那のおひなさんめぐり

大正村おひなまつり、いわむら城下町のひなまつりを含めた
恵那市南部のひな人形展です。
山岡では道の駅「おばあちゃん市・山岡」で土びなの展示、
上矢作ではコミュニティセンターで土びなの展示、
串原では串原温泉マレットハウスで土びなや布ぞうりのおひなさんの展示があります。

おばあちゃん市・山岡での土びなの展
上矢作のつちびな展
串原のつちびな展


★あぎの里のひなまつり つるしかざり

平成30年3月7日(水)〜11日(日)

中津川市阿木の中之島公園ふれあいの里で手作りのつるしびなや
土びなを展示します。
期間中は特産品の販売や和小物作り体験もできます。

公式サイト



2018/2/28

早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り

国民宿舎恵那山荘では3月に3回に渡って「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」を行います。
2本のポールを使って歩くノルディック・ウォーキングの基礎を指導員が丁寧にレクチャーします。その後は静かな根の上高原を2時間程歩きましょう。
ピザはノルディック・ウォーキングの前に生地を作り、発酵させて、歩き終わったらトッピングと焼き上げです。できたてのピザでお昼ご飯です。

まちなかより春が遅い根の上高原も、3月半ばになれば空気に、日差しに、植物に春の兆しを感じます。
春の気配を感じながら高原を歩けば寒い冬の間になまった体もすっきりします。そうして体を動かした後のピザの味は最高です!

3.20ノルディック1.jpg

3.20ノルディック3.jpg
ミズバショウの芽生えも見られるかも

3.20ノルディック5.jpg
トマトソースのピザ

3.20ノルディック6.jpg
あま〜いデザートピザ

開催日:平成30年3月10日(土)、21日(水・祝)、31日(土)
時 間:9:30〜13:00(9:00受付開始)
参加費:2,500円/1名
持ち物:運動のできる服装、エプロン、携行用飲料
定員:10名
※ノルディック・ウォーキングのポールは貸し出し可(無料)
※最少催行人員:4名
お問い合わせ先:国民宿舎 恵那山荘  0573-66-7773

昨夜から降った雪は今季一番の積雪となりました。

1.23雪1.jpg

雪かきは人力+重機で。

1.23雪3.jpg

1.23雪2.jpg

午後からは晴れ間も出てました。

1.23雪4.jpg

1.23雪5.jpg

車で10分下った麓はまったく積っていないそうです。


2018/1/23

保古の湖全面凍結 2018

ここ数日の寒波で保古の湖は全面凍結しました。

1.11保古の湖.jpg
1月11日
8日に気温が高かったため、この日は半分くらいしか凍っていません。

1.12保古の湖.jpg
1月12日
最低気温が-10℃以下になり、ほぼ全面凍結


1.13保古の湖.jpg
1月13日
この日も最低気温が-10℃以下で、雪も降ったので保古の湖一面が真っ白に。

1月17日は雨の予報なので、もしかしたら溶けてしまうかもしれません。
凍った保古の湖を見てみたい方はお早めにおいで下さい。


2018/1/14

保古の湖 凍結はじめました

年末から徐々に保古の湖は凍り始めていましたが、
年が明けて凍結面積が増えました。

1.1保古の湖1.jpg
1月1日

1.3保古の湖1.jpg
1月3日

1.1保古の湖2.jpg
1月1日

1.3保古の湖2.jpg
1月3日

1.3保古の湖3.jpg
1月3日 保古の湖奥の方

湖全体の半分以上、2/3未満が凍ったように見えます。



2018/1/3

降雪時駐車場について

雪が降り、道路が凍結する季節になりました。

しかし、愛知県や静岡県をはじめとした温暖な地域の方の中には、
スタッドレスタイヤを持ってない方や、持っていても雪道が苦手な方も
多いことと思います。

そこで、国民宿舎恵那山荘では、根の上高原の麓に「降雪時駐車場」を設けています。
降雪時駐車場までは、たいていはあまり危険を感じずに来ることができます。
自家用車はそこに置いていただき、迎えにあがった恵那山荘の車に乗って、
旅館までお越しください。

冬期駐車場.jpg
降雪時駐車場の看板

場所は下記からグーグルマップでご確認いただけます。
https://goo.gl/maps/hPiWvY6gtHL2

こちらをご利用の場合は事前にご連絡いただければありがたいですが、
当日、降雪時駐車場からお電話くださってもお迎えにあがります。
(その場合はお待たせする場合もあります)

冬も皆様のお越しをお待ちしております。



2017/12/16




日本みつばち根の上塾 終了

9.30みつばち4.jpg

今年3回目の「日本みつばち根の上塾」も、先日無事に終了しました。

午前中はみつばちを冬越しさせる方法や害虫であるアカリンダニの対策方法の講義。
午後からはみつばちが溜めたはちみつを、みつばちの巣からしぼるやり方の実演などを行いました。

9.30みつばち3.jpg
★講義

9.30みつばち1.jpg
★実演

実演でしぼったみつは、地元産のトマトにかけて試食!
しぼりたてのはちみつの味は格別です。
これはどんな高級市販品でも敵いません。
9.30みつばち2.jpg


来年も3月、5月、秋に行いますので、興味のある方は参加してみては?


2017/10/4


茸に注意

秋も深まってきて、野山も実りの季節となりました。
根の上高原の一帯では茸もはえています。

10.2茸.jpg

が、茸は詳しくない人が採って食べるのは非常に危険です。
命にかかわります。
どうしても採って食べたいという人は、
10月7日(土)に開催される「きのこ教室」にご参加ください。
採った茸を茸名人が種類や食べられるかどうかなどを判定してくれます。

★参加費 1,500円(昼食付)
★定員  30名 
★集合場所  レストランスカイ前(根の上湖湖畔)
★時間   9:00受付開始 9:30〜教室開始 昼食は11:30〜
★予約 問い合わせ先 レストランスカイ(090-8964-9877)



タグ:アウトドア

夏の鳥観察

6.23ツバメの巣.jpg

このツバメのある場所はなんと保古自然館の軒下。
人里離れたこの場所もツバメに安全な人の気配のある場所と認定されたようです。

さて、ツバメの他にも根の上高原には鳥がいっぱい。
こちらも夏鳥のホトトギスは夜明け前から「トッキョキョカキョク」と鳴いていますし、
いまだにウグイスも「ホーホケキョ」と歌っています。
常駐組のシジュウカラ、ヤマガラ、コゲラはこちらの木からあちらの木へと飛び回り、
どこかの木からはアオゲラが木をつつく音が聞こえます。

もっと山奥にしかいないと思っていたアカショウビンも、
森林インストラクターの赤尾友和さんがその声を聞いたそうです。

探せばもっとびっくりするような鳥がいるかもしれません。

名古屋から1時間半なので、ドライブがてらおいでください。


2017/6/23


高原の風

6.17玄関.jpg

根の上高原では梅雨入りしたのが信じられないくらい、
快晴が続いています。

日差しは強く、気温もやや高く、でも湿度が低いので不快感がありません。
気温のやや高いと言っても30℃には達しません。
その上、山や湖からの風が絶えず吹いているので、
涼しいとさえ感じるくらいです。


真夏は30℃以上になり、湿度も高くなりますが、
高原の風のおかげで、街中よりもずいぶん涼しく感じます。


名古屋から1時間ちょっとの別天地へおいでませ!



2017/6/17

タグ:恵那市

農繁期の保古の湖

保古の湖は農業用ため池。
ということで、水田に水が必要なこの時期は、保古の湖の水量が減っています。

6.5保古の湖2.jpg

下は5月1日のほぼ同じ場所。

6.5保古の湖.jpg

このような景色の変化も保古の湖の面白さです。



2017/6/5

新緑の季節

久しぶりに2日続きの快晴。
新緑が一際青空に映えます。

山は濃淡とりまぜた緑。
あいまあいまに薄紫の藤や桐の花。

根の上高原への道の途中にも新緑にみほれるポイントがあります。

5.19新緑2.jpg
恵那側から恵那山荘の間の県道413号線。

道路の両側は雑木林になっているので、若葉の緑に癒されます。


5.19新緑.jpg
恵那市東野のマル五鐵鋼そばを恵那市に向かって見たところ。

ここは両側の木が道路に覆いかぶさって、緑のトンネルになっています。
ここを昼までの時間帯に恵那に向かって通り抜けるのが、気持ちいいと思っています。
(なので、国民宿舎恵那山荘に泊まって、ここを通って帰るのがいいですよ〜)


5.19リンゴの花.jpg
あと、根の上に誰かが植えたリンゴの木も花盛りです。



2017/5/19


たとえ夏日になっても湿度が低いので、真夏のような不快感のない、さわやかな季節です。


虫の季節

根の上高原も初夏を迎え、気温が上がってきました。
おかげで虫たちの活動も活発になってきました。

今日は今年初めてオオミズアオを見ました。

5.17オオミズアオ.jpg

ヤママユガの一種。
大きさが15cmくらいなので網戸にくっついていたら驚くかもしれませんが、
宝石のような翡翠色が美しいガです。

小さなガやテントウムシ、チョウなども客室に遊びにくることがあります。
山の宿なので、招かれざる客も大目に見てほしいです。

7月になるとクワガタやカブトムシがやってくることもあります。



2017/5/17






5月の根の上

5月の連休も残りわずか。
つつじまつりの間はお天気にも恵まれ、根の上高原も賑わいました。
花もつつじに山桜が見ごろでした。

5.5さくら.jpg

これからはシロヤシオが咲き、ドウダンツツジ、ベニドウダンとツツジ類が咲きます。
新緑もきれいですし、保古の湖ではボートやカヌー体験もできます。

名古屋から1時間ちょっとで来れる根の上高原で待っています。


2017/5/6








ウグイス初鳴き

今日、今年初めてウグイスの鳴き声を聞きました。
「ホッ…ケキョ、ケッキョ」
といかにも練習中という鳴き方でした。
「ホー、ホケキョ」
と鳴いてくれる日が楽しみです。


2017/3/29

春の雪

この冬は、降雪量も例年に比べて大したことがなく(ユンボも1回しか使用しませんでした)、早く春がくるかと思っていたのですが、ぜんぜんそんなことありませんでした。
なかなか昼間の気温が高くなりませんね。

今朝も出勤してみると一面の雪景色。
3.27雪.jpg

午後には晴れて雪は溶けました。
4月初旬までは突発的に雪が降るかもしれません。


2017/3/27

根の上高原の花の時期

早いところからはソメイヨシノの開花の便りも届くころとなりましたが、根の上高原の桜はまだまだ。

水仙でさえこの様子。

3.23水仙.jpg

それでもつぼみが見えてきました。

例年通りであれば、花の見ごろは下記の通りです。

まんさく:咲きはじめていますが、今年は花のつきがいまいち
あせび:もうそろそろ
こぶし、たむしば:4月上旬
水仙:4月5日頃〜
ソメイヨシノ:4月20日頃〜4月末
山桜:4月末〜GW
ミツバツツジ:4月末〜GW

ざっくりですが。


2017/3/23





白菜の花

ただいまの天気はみぞれ。
気温も3℃と昨日とはうってかわった寒さです。

それでも植物は春に向けて成長していて、
白菜もそう。

3.21白菜.jpg

厨房から持ってきた白菜の芯から育って、もうすぐ咲きます。



2017/3/21

日が伸びて

春分も近くなり、日もだいぶん長くなりました。
夕方6時過ぎまで明るくなっています。

光も暖かみを感じる色合いで、春だなあと思います。

3.17夕方.jpg

3.17夕方2.jpg

3.17夕方3.jpg

気温は平地と比べればまだまだ低いですけどね。


2017/3/17

着実に春に

昨日は雪が積もったり、今日も寒かったのですが、
植物はちゃんと春を感じているようです。

3.11水仙.jpg

水仙が芽を出しました。
花が咲くのは4月の初めです。



2017/3/11