気温のこと

今年の夏はとても暑いですね。
こちらでも口を開けば「暑い」が出てくる日々が続いています。


7.17気温2.jpg


この写真の温度計は玄関脇にあり、直射日光と輻射熱でこんな温度を示すことがあります。
根の上高原中がこんなに暑いわけではありませんが、決して涼しくはありません。
昨日も「高原なのに暑い!」とおっしゃっていたお客様がいらっしゃいましたが、その通りです。
でも平地とまったく同じではありません。
そのあたりをまとめてみます。

@街中よりは気温が低い。
 名古屋市、中津川市街、恵那市街より5℃くらい低いです。
 車で上ってくるときに窓を開けているとよくわかります。
 恵那市街・恵那インター方面から来る場合は明知鉄道の高架をくぐったすぐぐらいと
 シロヤシオ渓谷を過ぎたところ、明智・岩村方面から来る場合は阿木みそ製造所あたりと
 14ヒルズカントリークラブあたりで窓から入る風の温度が下がります。
 それだけ街中よりは気温は低いです。

A風が涼しい。
 市街地だと風が吹いても熱風で、全く気持ちよくありませんよね。
 根の上高原では風は涼しいので、風が吹くと爽快感があります。

B日陰が涼しい。
 市街地だと日陰にはいっても、涼しいとまでは感じられませんが、
 根の上高原では涼しく感じます。

C夜が涼しい。
 日が落ちるとぐっと気温が下がります。
 午後8時くらいで、写真と同じ温度計が26℃を示し、
 午前6時くらいでは23℃となります。
 部屋の中が暑い夜でも屋外は涼しいです。
 風もあり、山の夜はこんなに冷えるのか、と新鮮な体験ができます。


これが何かの役に立つかはわかりませんが、まとめてみました。



2018/8/6