日本みつばち根の上塾〜分蜂群の取りこみと移し替え〜 2018

今年2回目の日本みつばちの講習会を開催します。

日本みつばちは、日本在来のみつばちです。
日本みつばちは西洋みつばちと違い、集める蜜を固定せず、
様々な花から蜜を集めます。
そのため、蜂蜜の味わいも複雑です。
市販品はほとんど西洋みつばちの蜂蜜なので、なかなか味わうことがないと思います。

また、日本みつばちはもともと数が減っていたところに、
数年前からアカリンダニという寄生虫が流行り、激減しています。
数は回復を始めたといいますが、以前よりぐっと減っています。
日本みつばちに限らず、みつばちは植物が受粉して実を付けるために重要な役割を果たしている昆虫です。

庭先でみつばちを飼い、蜂蜜を味わい、そして生態系の回復の手助けをするのも
なかなか楽しい経験ではないでしょうか?

今回は日本みつばちの群れの取り方、取った群の巣箱への定着のさせ方を主に講義します。
このやり方は講義だけではわかりにくいので、実演見学もあります。
また参加者同士での情報交換や意見交換もできます。

<分蜂群の移し替えの実演>

4.14 H27のみつばち塾.jpg

H27みつばち塾 実演.jpg

<巣箱を置くのに良い場所見学>

4.11みつばち実地見学.jpg


日時:平成30年5月13日(日)
時間:午前10時開始(受付は9時30分開始)
場所:保古自然館(国民宿舎恵那山荘向かい)
参加費:2,000円(1名)※昼食付き
定員:25名
※要予約


2018/4/11
タグ:講座