ツツジ観賞おすすめの場所

根の上高原のツツジは今が盛り。
明日は天気が悪くなりますが、晴れた時のためにツツジ観賞のおすすめポイントをご紹介。

@根の上湖湖畔の高原の鐘付近

4.21高原の鐘.jpg

ここにはツツジを集めてあるので、一面のツツジを見るにはちょうどいいです。
駐車場の近くなのもいいですね。

A旧鷹見旅館裏の丘

4.23  2.jpg

4.23   6.jpg

4.23  5.jpg

4.23  7.jpg


ツツジと保古の湖、ツツジと恵那山などの取り合わせが見られます。


B保古の湖周辺、遊歩道

4.23 1.jpg

4.23  2.jpg


若葉の緑にツツジの紫が映えて、ツツジ単体で見るより心が癒されます(個人の感想ですが)。
ツツジは林の中や湖畔などいたるところに生えているので、歩くことができるのなら、高原一帯を散策してツツジを見てほしいと思います。



2018/4/23

ツツジ見ごろ 2018

根の上高原のコバノミツバツツジが見ごろを迎えました。
4.21ツツジ.jpg


根の上湖近くの高原の鐘はツツジの花で包まれています。
4.21高原の鐘.jpg

高原の鐘の下からはツツジと恵那山という構図で写真が撮れます。
4.21ツツジと恵那山.jpg

恵那山荘の前のツツジも咲いていますよ。
4.21ツツジ2.jpg

桜もまだ咲いているので、ツツジと桜の花見をするなら今です!
4.21桜.jpg



2018/4/21

ツツジ開花 2018

今年はもうミツバツツジが開花しました。

4.15ツツジ.jpg

例年より10日は早いですね…。
ツツジはしぼむのが早いので、見るなら来週中がいいと思います。

あと、サクラ(ソメイヨシノも山桜も)も今が見ごろです。

4.15.jpg

4.15サクラ.jpg



2018/4/15

日本みつばち根の上塾〜分蜂群の取りこみと移し替え〜 2018

今年2回目の日本みつばちの講習会を開催します。

日本みつばちは、日本在来のみつばちです。
日本みつばちは西洋みつばちと違い、集める蜜を固定せず、
様々な花から蜜を集めます。
そのため、蜂蜜の味わいも複雑です。
市販品はほとんど西洋みつばちの蜂蜜なので、なかなか味わうことがないと思います。

また、日本みつばちはもともと数が減っていたところに、
数年前からアカリンダニという寄生虫が流行り、激減しています。
数は回復を始めたといいますが、以前よりぐっと減っています。
日本みつばちに限らず、みつばちは植物が受粉して実を付けるために重要な役割を果たしている昆虫です。

庭先でみつばちを飼い、蜂蜜を味わい、そして生態系の回復の手助けをするのも
なかなか楽しい経験ではないでしょうか?

今回は日本みつばちの群れの取り方、取った群の巣箱への定着のさせ方を主に講義します。
このやり方は講義だけではわかりにくいので、実演見学もあります。
また参加者同士での情報交換や意見交換もできます。

<分蜂群の移し替えの実演>

4.14 H27のみつばち塾.jpg

H27みつばち塾 実演.jpg

<巣箱を置くのに良い場所見学>

4.11みつばち実地見学.jpg


日時:平成30年5月13日(日)
時間:午前10時開始(受付は9時30分開始)
場所:保古自然館(国民宿舎恵那山荘向かい)
参加費:2,000円(1名)※昼食付き
定員:25名
※要予約


2018/4/11
タグ:講座

保古の湖キャンプ場 サイト配置図

4月1日から国民宿舎恵那山荘のHPをリニューアルしました。
その中の保古の湖キャンプ場のサイト配置図がまだアップできていません。

とりあえず、こちらにパンフレット掲載の、キャンプ場配置図を載せます。
取り急ぎ、こちらでご確認ください。

4.5保古の湖キャンプ場配置図.jpg



2018/4/5

サクラ ツツジ シロヤシオ

今年は早くあたたかくなったので、花の咲くのも例年よりとても早いですね。
根の上高原もそうです。
そこで、お問い合わせの多い花の状態のお知らせです。

サクラ

4.4桜.jpg

本日咲き始めました。

ツツジ

IMG_20180404_160048.jpg

恵那山荘前はつぼみが膨らんでいます。
もう咲きそうです。

シロヤシオ

4.4シロヤシオ.jpg

まだまだです。



2018/4/4