どんど 2018

今年も根の上高原まつり実行委員会主催の「根の上高原どんどやき」が開催されます。

どんどは地域によっては「左義長」、「とんど」など呼び名は変わりますが、
長い竹を立てて、その周りに門松や正月飾りなどを積んで燃やすという行事です。
一緒に書初めを燃やすと字が上達するとか、その火で餅を焼いて食べると無病息災で暮らせるとか言われています。
春を迎える火祭りの一種です。

1.29どんど3.jpg

1.6去年のどんど.jpg

1.29どんど7.jpg

このあたりだと、本来は1月15日(小正月)あたりにやる行事ですが、
根の上では他のどんどが終わった、1月終わりに行います。
地域行事としてのどんどは、よその地域の人は行きにくいですが、
根の上のどんどは誰でも気軽に参加できます。

★根の上高原どんどやき★

日時:2018年1月28日(日) 10:00〜
場所:保古の湖芝生広場
スケジュール:
  10:00 点火
  10:20 ウォーキング出発、ふるまいの開始、書き初め
  11:40 餅つき×2回
  13:00 豆まき


※ふるまいとして甘酒・豚汁がありますが、恵那山荘からは太巻き、フランクフルト・ソーセージ、コーヒーの販売があります。

1.29どんど5.jpg

※以前、前夜に雨が降ったため坂道が凍結し、スタッドレスでも登れなくなる車が続出したことがありました。
今年は凍結防止剤を撒くなど対策はしますが、万が一登ってこれなくなったら、
下の地図のように迂回してください。

1.15どんど4.jpg

※ご家庭のお正月飾り、門松もどんどに入れて焼くことができます。
当日持ってきていただいてもいいですし、事前に恵那山荘までお持ちいただいても結構です。


2018/1/6