木片に絵を描いてみよう!

恵那山荘フロント脇には絵を描ける木片を置いています。

2.28木片.jpg
1個20円です。

サンプルのように、備品の色ペンで絵が描けます。
ちょっとした旅の思い出の品が作れます。


2017/2/28

ふきのとう

毎年、早春になると小学生の頃ふきのとうを探しをして、そのことを書いた作文が文集に載ったことを思い出します。
その頃、そろそろふきのとうが出ていないかと探したのは2月上旬ですが、根の上高原でそろそろふきのとうがでるのではないか、と思うのは2月も終わりの頃です。

そして、本日、ふきのとうを見つけました!

2.27ふきのとう1.jpg

2.27ふきのとう2.jpg

いくつもです!
特に日当たりの良い斜面に生えていました。

これから夕食の料理に使ったりします。


2017/2/27

コーヒーの焚火焙煎体験

国民宿舎恵那山荘と保古の湖キャンプ場では「コーヒーの焚火焙煎キット」のレンタルをしています。
今日はあるご家族がこのコーヒーの焚火焙煎をされました。

2.26焚火焙煎1.jpg

2.26焚火焙煎2.jpg

焚火を起こして、お湯をわかして、同時にコーヒー生豆を焙煎。
このコーヒー豆をいるのがなかなか時間がかかります。
根気よく網に入れた豆をゆすりながら火に当てていると少しずつ色が茶色くなっていきます。

2.26焚火焙煎6.jpg
豆が煎れたら、手挽きタイプのミルで挽いて、コーヒーの抽出。

2.26焚火焙煎7.jpg
お味はというと……。
「お店で飲むような味にはならないな〜」
とのこと。
でも、火を起こして焙煎してみるということが楽しかったそうです。
火を焚くということは楽しいもので、他の宿泊客様や散歩中の近所の人など寄って行って会話も弾んだようでした。
さつま芋を持ち込めば焼き芋もできます。

<参考>
2.26焚火焙煎5.jpg
こちらはキャンプ場スタッフが焙煎したもの。
これぐらいの色だと苦味がかなり強くなります。


2017/2/26




本日の「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」

本日は「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」を開催しました。

風は少し冷たいけれども、良く晴れて歩くのにもってこいの天気でした。

2.25ノルディック・ピザ1.jpg

2.25ノルディック・ピザ2.jpg

歩く前によくストレッチをして、体をほぐします。
それから歩き方の講習もしっかりとします。

2.25ノルディック・ピザ.jpg

2.25ノルディック・ピザ4.jpg

今日はおんたけ展望台、根の上湖、保古の湖と歩きました。
歩いた時間はだいたい2時間でした。

2.25ノルディック・ピザ5.jpg

恵那山荘に戻ってピザを作り、オーブンで焼き上げます。

2.25ノルディック・ピザ6.jpg

美味しそうに焼けました。


「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」は3月4日(土)、12日(日)にも開催します。

詳細 → 「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」


2017/2/25

雑貨 まる

恵那山荘の売店では、地元のハンドメイドサークル「雑貨 まる」さんの製作物を販売しています。

2.24雑貨まる.jpg

トートバッグやポケットティッシュケース、パワーストーンのブレスレッドなど、かなりお求めやすい価格でおいています。
作ることが好きでどんどん作っちゃう、という方たちの作品です。

作ってほしいものがあったら依頼も受け付けるそうなので、興味のある方は恵那山荘にお問い合わせ下さい。



2017/2/24

おんたけ展望台

根の上湖のずっと奥、徒歩でしかたどりつけない場所におんたけ展望台はあります。

2.23おんたけ展望台.jpg

「おんたけ」展望台の名に恥じず、御嶽山が良く見えます。

2.23御嶽山.jpg

麓のまちも良く見えます。

2.23中津川市2.jpg
中津川市中心部

2.23中津川市.jpg
中津川市。苗木城跡の方まで見えます。
(この写真では苗木城跡自体は確認できませんでした)


「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」ではここも歩く予定です。


2017/2/23

女城主宿泊プランは3月末まで

女城主といえば今は大河ドラマ「おんな城主 直虎」のことと思う方が多いかも知れませんが、美濃国で女城主と言えば、岩村の女城主です。
名前はおつやの方とも、お直の方とも言われる、織田信長の叔母にあたる人です。
夫の死後、武田信玄と織田信長の領地の狭間である岩村を治め、領民を守るため敵に嫁ぎ、最期は悲劇的な死を迎えた人です。

今、女城主のお膝元である岩村では「女城主の里いわむら」キャンペーンを行っています。

特設サイト→ http://onna-jyoushu.iwamura.jp/

その中で、「女城主オリジナルメニュー」を岩村を中心としたお店で開発しました。
恵那山荘も「女城主宿泊プラン」を作りました。
(特設サイトには各宿泊プランは載ってないのですが…)
夕食は地元ブランド豚の山金豚を使った味噌鍋や自然薯、岩魚などを使ったお料理に、「女城主 純米吟醸」(300ml)をお付けします。

H28冬季節会席.jpg
夕食

2.22冷酒女城主.jpg
女城主 純米吟醸

これで1泊2食付きお1人9,000円です。

このプランは3月末までなので、ぜひぜひ!


2017/2/22


保古の湖の氷はほぼ溶けています

昨日は、朝は気温が低く、昼過ぎから春一番が吹き暖かくなった、
と思ったら夜には気温がぐっと下がり今朝はうっすら雪が積もっている
というめまぐるしく変化する気温に体がついていきません。

保古の湖はほとんど氷が溶けました。

2.21保古の湖.jpg

2.21保古の湖2.jpg

1月中旬に全面凍結し、2月の初めに溶け始めて、もう一度くらい
全面凍結しないだろうかと考えていましたが、もう無理なようです。

気温は低くて、写真を撮っていると手がちぎれそうになるくらい風も冷たいのですが、日差しは強くなってきています。
季節は春に向かっています。
と、油断しているともう一度くらいどか雪が降るので、気は抜けません。

2.21恵那山.jpg
恵那山は真っ白ですから。



2017/2/21

恵那市・中津川市のひなまつりイベントいろいろ

恵那や中津川ではひなまつりといったら4月。
なので、このあたりのひな祭りイベントは3月から始めて4月まで続きます。

<岩村>
「いわむら城下町のひなまつり」として、3月1日(水)から4月3日(月)まで、町の本通りを中心に3,500体を超えるおひな様を飾ます。
期間中は「女城主のなべまつり」や「いわむら城下町音楽祭」、ライトアップなどのイベントも行われます。

岩村観光協会の「いわむら城下町のひなまつり」紹介ページ

<山岡>
道の駅のおばあちゃん市・山岡で3月1日(水)から4月3日(月)まで「山岡の土びな展」を行います。

<明智>
「大正村おひなまつり」がすでに開催中です。
大正ロマン館では大正村所蔵ひな飾りが5月7日(日)まで展示され、明智文化センターと大正村浪漫亭では3月1日(水)から4月3日(月)までおひな様の展示やイベントが行われます。

日本大正村の「大正村おひなまつり」紹介ページ

<串原>
ささゆりの湯で3月1日(水)から4月3日(月)まで地元の住人から寄せられた昔懐かしい土雛や布ぞうりのお雛さまを展示します。

<上矢作>
コミュニティーセンターで3月1日(水)から4月3日(月)まで明治後期から昭和初期まで各家庭で大切に祭られて来た土雛などが飾られます。

<中津川市阿木>
明知鉄道沿線である阿木では、中の島公園ふれあいの里で3月1日(水)〜3月5日(日)まで「あぎの里のひなまつり・つるしかざり」を行います。
手作りサークル会員の作ったつるし飾りや住民から提供された土びななどが展示され、琴の演奏や特産品の販売も行われます。
わかりづらい場所ですが、阿木駅からシャトルバスも出るそうです。

中津川市阿木事務所のイベント紹介ページ


それに合わせて明知鉄道では「明知鉄道おひなさんフリー乗車券」を販売します。
お得なクーポン付きで1日乗車フリーで1,380円です。
発売期間は3月31日(金)までです。


恵那市観光協会のフリー乗車券紹介ページ


国民宿舎恵那山荘でも昭和のひな飾りを出しますよ。
3月初めから4月初めまでくらいで(適当)。


2017/2/20

シロヤシオ渓谷 冬

今日はシロヤシオ渓谷を歩いてきました。
渓流沿いにかすかな道がありますが、初めての人は迷うかもしれません。
夏場は水の中を歩くシャワークライミングもできます。

2.19シロヤシオ渓谷.jpg

2.19シロヤシオ渓谷2.jpg

冬場は川に水が少ないので、迫力がないですね。


前もちょっと書きましたが、根の上、特に東野側にはアセビが多いです。
シロヤシオ渓谷のあたりにも。

2.19アセビ.jpg
この写真では曲がった木がだいたいアセビです。

2.19アセビ2.jpg
日当たりが良い場所ではつぼみがこれくらい膨らんでいます。



2017/2/19

シロヤシオ渓谷 冬

今日はシロヤシオ渓谷を歩いてきました。
渓流沿いにかすかな道がありますが、初めての人は迷うかもしれません。
夏場は水の中を歩くシャワークライミングもできます。

2.19シロヤシオ渓谷.jpg

2.19シロヤシオ渓谷2.jpg

冬場は川に水が少ないので、迫力がないですね。


前もちょっと書きましたが、根の上、特に東野側にはアセビが多いです。
シロヤシオ渓谷のあたりにも。

2.19アセビ.jpg
この写真では曲がった木がだいたいアセビです。

2.19アセビ2.jpg
日当たりが良い場所ではつぼみがこれくらい膨らんでいます。



2017/2/19

恵峰ホームニュース 2/18号

本日発行の恵峰ホームニュースに「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」の記事が掲載されました。

2.18恵峰HN.jpg

2月25日(土)、3月4日(土)、3月12日(日)と開催します。


2017/2/18

レストランの掃除

本日は雨で外作業ができなかったので、
スタッフ皆でレストランの掃除。
絨毯を拭いたり、椅子を拭いたり。

2.17掃除.jpg


2017/2/17

今年も日本みつばち根の上塾を行います

今年も3月、4月、秋と「日本みつばち根の上塾」を行います。
講師には「根の上高原日本みつばち研究所」の水野竜夫さんをお迎えします。
3月は日本みつばち飼育の基本、4月は分蜂群の取り入れ、秋は蜜搾りと越冬のさせ方等の講習を行います。

2.16みつばち講習.jpg
以前の日本みつばち根の上塾の様子


日時:平成29年3月18日(土)
時間:午前10時開始
場所:保古自然館(国民宿舎恵那山荘向かい)
参加費:2,000円(1名)※昼食付き
定員:50名
※要予約

<スケジュール>
9:30 受け付け
10:00 講義・実演
12:00 昼食
13:00 講義
14:00 終了予定

今回は近年猛威をふるっているアカリンダニをはじめとした病気の対策や最新の日本みつばちの動向も講義します。

詳しくは恵那山荘HPをご覧ください。

お問い合わせは 国民宿舎恵那山荘 0573-66-7773


2017/2/16

ウォーキングコース

「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」で歩くコースを歩いてきました。

2.15ウォーキングコース.jpg

2.15ウォーキングコース2.jpg

2.15ウォーキングコース3.jpg

2.15ウォーキングコース4.jpg

先日の雪がしっかり残っています。
しかし、目を空に転じれば抜けるような青。
日差しの強さに春の兆しを感じるようになりました。


2017/2/15

恵那山荘紹介記事のお知らせ

2/12発行の「しんぶん赤旗」日曜版の旅欄で岩村町の旅が掲載され、
国民宿舎恵那山荘も取り上げてもらっていました。

http://www.kureyan.com/diary-kureyan/43891.html

ツルシカズヒコさん(文&撮影)と
ワタナベ・コウさん(イラスト&モデル)


2017/2/14

有明の月

有明の月。
と保古山。

2.12有明の月.jpg

冬は特に空気が澄んでいるので、月も一際くっきりと見えます。
もちろん星も。

明けていく空に残る月というのは、風情がありますね。
雪の曙もまた良いものですが。



2017/2/13

40名以上の宴会

昨日までの雪で根の上高原は雪化粧。
最低気温も-10℃(軒下で)と冷え込みました。

2.12山荘裏.jpg

外は寒くても、暖かい館内での宴会は快適です。
今日は40名の宴会があります。
宴会場での宴会というと、お膳と座布団というイメージがあるでしょうが、
恵那山荘では椅子とテーブルでも宴会ができます。

2.12宴会場.jpg
40名様だとこのような配置となります。
お膳よりテーブルの方が、長時間の宴会では楽ですね。

2.12ずいき卯の花.jpg
新作の前菜。
卯の花にサーモンと菜の花で作ったかわいらしい人参がのってます。



2017/2/12



保古の湖雪景

本日の天気も雪。
積雪量は昨日からの分も合わせても15cm程とそれほど多くはありませんが、見渡す限り雪景色となりました。

2.11雪3.jpg

2.11雪4.jpg

2.11雪.jpg

保古の湖もまた氷の部分が増えています。

2.11雪2.jpg
グラウンドゴルフ場も雪に覆われました。

2.11山水.jpg
保古山からの湧き水は凍っていません。
今でも汲めますよ。


2017/2/11

劇団夜明けの公演案内

中津川市には「劇団夜明け」というアマチュア劇団があります。
いろいろと公演をしていて、私も子どもの頃から見に行っていました。

2月18日(土)、19日(日)にも公演があるのですが、
恵那山荘でも自然体験インストラクターをしていただいている、赤尾さんが特別出演すると聞いて、こちらでも宣伝。

「オールド・バンチ 〜男たちの挽歌〜」

七人の男たちが白昼堂々銀行強盗をして………。
という話だそうです。

日時:2月18日(土)18:30〜、2月19日(日)13:30〜
場所:中津川市文化会館ホール
前売り券:2,000円
当日券:2,300円

詳細は中津川市文化会館の「ふれあい文化だより」をご覧ください。


2017/2/10





感覚の違い

先日、名古屋に営業に行ったところ、暖かったので「こちらは暖かいですね」と言ったら、「寒いよ」と返されてしまいました。
梅や水仙が咲いているんですよ。
根の上では4月にならないと咲かないんですよ。
水仙咲いたら春じゃないですか。という感覚で生きているのですが、それは一般の感覚ではないようでした。

根の上の「寒い」は
↓こうなってから。

2.9雪3.jpg

2.9雪2.jpg

2.9雪1.jpg

これが恵那山荘周りの現在の状況です。



2017/2/9

恵那市のおいしいもの〜岩村の芋きりぼし〜

前から「おいしい、おいしい」と聞いていた岩村の芋きりぼしを買ってみました。

2.8岩村の芋きり.jpg

実際、ぱさぱさしていなくて、甘くてとても美味しい干し芋でした。
岩村町内の色々なお店で売っていて、私は天然酵母のパン屋の「Kitto!」で買いました。
生産量もすくなくて、売れ切れごめんなので、見つけたら買ってみる価値はあります!


2017/2/8

ぎふチャンラジオ出演

本日、ぎふチャンラジオの「お茶の間ステーション2時6時」という番組の「情報ステーション」というコーナーに、支配人が生出演しました。
インタビュー形式で、2月25日(土)、3月4日(土)、3月12日(日)に開催する、「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」について宣伝させてもらいました。

2.7ぎふチャンラジオ.jpg
リポーターの酒井さんと支配人とぎふチャンラジオの車。


万が一、どんなだったか聞いてみたいという方は、Radikoで聞けます。
14:24頃から8分程しゃべっています。


2017/2/7

保古の湖 融けました

昨日から温度が高くて雨も降ったので、保古の湖の氷がだいぶ融けました。
融けるとちょっと悲しいです。

2.6保古の湖2.jpg

2.6保古の湖.jpg

その雨もまた雪に変わりましたし、気温も下がるようなので、
また凍るのではないかと思います。


春の気配

立春が過ぎてほんのちょっと春の気配を感じました。

2.5あせび.jpg

アセビのつぼみが膨らんできているのです。

アセビは根の上高原に群生しています。
アセビは庭木にも使われているので、よく目にするきですが、根の上高原のアセビは庭木では見たことのないくらい背が高いです。
風雪に耐えているので枝ぶりも曲がりくねって自然の厳しさを感じさせます。



2017/2/5

遊歩道

「早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り」の下見のため、根の上高原の遊歩道を歩いてきました。

今日はとても空気が澄んでいたので、景色が良く見えました。

2.4御嶽.jpg
根の上湖から20分程の御嶽展望台から見た御嶽山。


2.4御嶽とか.jpg
リニア駅建設地が見える展望台から見た、恵那市〜中津川市。
白山は晴れた日でもあまり見えないので、今日は本当に空気が澄んでいたということです。


2.4悪洞.jpg


2.4ミズバショウ.jpg
雪が残っていますが、根の上湖の湿地ではミズバショウが芽を出していました。
さすが立春。



2017/2/4

野鳥観察

恵那山荘と保古の湖キャンプ場の間のカーブの湖に面した木立には野鳥がよくいます。
3時前後だと何かしらいます。

2.1シジュウカラ.jpg
シジュウカラ

2.1コゲラ3.jpg

2.1コゲラ2.jpg

2.1コゲラ.jpg
コゲラ
コゲラは高速で木をつついているので、手持ちのデジカメでは頭がブレブレ…。

その他エナガ、ツグミ、あと名前のわからない鳥がいました。
写真は…、まさかの充電切れで撮れませんでした。



2017/2/3

まだまだ全面凍結中

2.1保古の湖.jpg

2.1保古の湖2.jpg

寒さは多少ゆるんで、昼間は暖かくなっていますが、
保古の湖の氷はそれくらいでは溶けきりません。

とは言え、表面は昼間溶け、夜間に凍り、また雪や雨が降っているので、
かちんこちんではないでしょう。



2017/2/2

早春のノルディック・ウォーキングとピザ作り

寒さも極まったような毎日ですが、もう一か月もすれば春の気配を感じられるようになります。

そんな時期に「ノルディック・ウォーキングとピザ作り」を行います。

2本のポールを使って歩くノルディック・ウォーキングの基礎を指導員が丁寧にレクチャーします。その後はもしかしたら残雪の残る根の上高原を2時間程歩きましょう。
ピザはノルディック・ウォーキングの前に生地を作り、発酵させて、歩き終わったらトッピングと焼き上げです。できたてのピザでお昼ご飯です。

0131C.jpg

3.20ノルディック1.jpg

3.21ノルディック3.jpg

3.20ノルディック5.jpg

雪があれば足を取られるかもしれません。
足元をよく見たらハルリンドウが咲いているかもしれません。
北に帰る前の渡り鳥も見られるかもしれません。

いろいろな可能性にあふれたウォーキングになるでしょう。


開催日:平成29年2月25日(土)、3月4日(土)、12日(日)
時 間:9:30〜13:00(9:00受付開始)
参加費:2,500円/1名
持ち物:運動のできる服装、エプロン、携行用飲料
定員:16名
※ノルディック・ウォーキングのポールは貸し出し可(無料)

※最少催行人員:4名

お問い合わせ先:国民宿舎 恵那山荘  0573-66-7773



2017/2/1