第27回 恵那市伝統芸能大会

恵那市では市内各地で地歌舞伎、文楽などの伝統芸能が現代に伝えられています。
今年で27回目となる「恵那市伝統芸能大会」では、それらの芸能が披露されます。

国民宿舎恵那山荘のある地域、東野の東野歌舞伎保存会も出演します。

恵那市の物産展も同時開催です。
このような催しを見るのも観光の醍醐味だと思います。

開催日時:平成29年2月19日(日) 9:30〜16:45
場所:恵那文化センター 大ホール
入場料:無料

詳細(恵那市文化センターHP)


2017/1/31

maika2月号巻頭特集「女城主の里いわむらキャンペーンを支える人たち」

恵那市・中津川市の情報誌「maika」2月号の巻頭特集が「女城主の里いわむら」キャンペーンについてです。
女城主オリジナルメニュー参加店舗の人々の集合写真とかもあるのですが、恵那山荘のスタッフも写っています。
興味ある方は恵那・中津川のお店で配布されてたりしますので、
探してみてください。

恵那山荘の女城主オリジナルメニューは
「女城主宿泊プラン」です。
H28冬季節会席.jpg
山金豚の味噌鍋をメインとした会席料理に岩村醸造の女城主の冷酒がついて、1泊2食付き9,000円です。

予約は
じゃらんネット
楽天トラベル
でも受け付けています。


2017/1/30


2017根の上高原どんどやき終わりました

1.29どんど1.jpg

本日は根の上高原どんどやきでした。
天気も良く、暖かい日だったので、人出もけっこうありました。

1.29どんど2.jpg
点火。
年男が火をつけます。

1.29どんど3.jpg
勢いよく燃えて、

1.29どんど4.jpg
恵方に倒れました!

1.29どんど6.jpg
ご協力金を下さった方にはひし餅をお渡ししていますが、
ひし餅は長い竹に挟んで焼いてもらいます。
どんどの火で焼いたお餅を食べれば1年間無病息災!

1.29どんど7.jpg
恒例の餅つきは今年も行いました。
めったに見られない赤尾親子の共演です。

1.29どんど8.jpg
最後に願いを込めて木材を1人1本ずつお焚ぎあげして、今年のどんどはおしまいです。


1.29どんど5.jpg
恵那山荘は売店でも参加しました。

来年もお楽しみに!


2017/1/29
タグ:日記

明智〜山岡〜岩村 旅行コース

先日、「地元を知る!職員研修旅行」を行いました。
地元の観光情報について聞かれることが多いのに、行ったことがないとか知らないということがけっこうあります。
そこで、職員一同で恵那市の南地域の観光地を巡ってきました。
行程は明智町の大正村→山岡町のかんてんかんで昼食→飯高観音→岩村町の岩村城跡・資料館・城下町です。

スタートは大正村。
大正村浪漫亭横の駐車場に車を止めて歩きます。

1.27明智.jpg
米蔵と呉服屋の蔵に挟まれた路地「大正路地」を通って大正村役場へ。
京都の石塀小路みたいな雰囲気の小道で、私はかなり好きです。

1.27明智2.jpg
大正村役場は旧明智町役場です。

1.27明智3.jpg
二階にある大正村村長室はもとは町長室でした。
ソファのラッコのインパクト。

1.27明智5.jpg
大正ロマン館には歴代の大正村村長(高峰三枝子さん、司葉子さん)の衣装・写真・ポスターなどの資料や、明智町出身の画家・山本芳翠の洋画の複製などが展示され、企画展も行われています。
今の企画展はおもちゃで凧、羽子板、すごろくなどが展示されていました。
ここはバラ園もあり、初夏になると花も楽しめます。

1.27明智4.jpg
ロマン館の脇を登っていくと旧三宅家があります。
これは300年以上前の古民家で平成4年に移築された建物です。
囲炉裏も現役で、焚かれて、建物がもつようにいぶされていました。
さらに脇の山道を登っていくと明智城跡があります。
今回は省略。

1.27明智6.jpg
来た道を戻り、大正村浪漫亭へ。
昨年の秋に再開してから初めていったのですが、想像以上に活気のある場所になっていました。
一階にはカフェとお土産処、二階にはレストラン。
お土産処は恵那のお土産だけでなく、岐阜県内、更には国内でこれはいいぞという品物を集めていました。
地元の高校生が作った栗の甘露煮、リンゴジャムから今治タオルマフラーまで。
買い物したくなる売り場でした。
浪漫亭の外にも五平餅のアイコウフーズの店舗とか、お土産屋さんがあります。

次は車で山岡駅かんてんかんへ。
山岡駅に併設されているので、明知鉄道でも移動できます。

1.27かんてんかん.jpg
昼食に女城主オリジナルメニューでもある「おひめ様御膳 雅」(1,480円)を食べました。
寒天の海苔巻や寒天ラーメンでヘルシーに、でも天ぷらや豚の角煮で食べ応えも十分でした。
デザートの寒天ゼリーも日本酒の味がしっかりして美味しかったです。

1.27かんてんかん2.jpg
明知鉄道の車両を利用した「森のカフェ」も見学させてもらいました。
かんてんかんの外、明知鉄道の線路沿いにあります。
手作りのカウンター席からは新しい木のいい匂いがして落ち着きます。
窓には広告が貼ったままになっていて、20年くらい前に明知鉄道を利用していた人は懐かしいと思います。
私も懐かしかったです。
「森のカフェ」の営業は金・土・日です。

そこから飯高観音へ。
ここは正式名称は飯高山萬勝寺といい、厄除けで有名です。
行った日を含めて、普段は静かですが、大晦日からお正月と節分の人出は大変なものです。

次いで岩村城跡へ。
1.27岩村城.jpg
日本三大山城の一つで、戦国時代には「もう一人の女城主」がいた城です。
標高712mなので、冬に行くと雪があったります。
天気が良ければ天守からは御嶽山や駒ヶ岳なども見えます。

1.27資料館.jpg
岩村歴史資料館は恵那市指定文化財の幕末の英和辞典をはじめ、岩村藩について、岩村出身の偉人(下田歌子、三好学)、考古資料などを展示しています。
一階にあるジオラマが岩村城の位置関係がわかりやすいです。

最後に岩村城下町へ。
伝統的建造物群保存地区となっています。
町屋や岩村醸造の酒蔵が見学できたり、お土産物屋さんがあったりして、町並み見学以外にも見所があります。
カフェや甘味処で一休みもできます。
今回は、かすてらの「カステラcafeカメヤ」へ。
カステラはもちろん、一斎もなかやカヌレなどのお菓子と飲み物が楽しめます。

1.27カヌレ.jpg
カヌレのうち「季節のカヌレ」は女城主オリジナルメニューになっています。
アイシングに岩村醸造の「女城主あま酒」が使ってあります。
写真が季節のカヌレです。
カヌレ自体はフランスの焼き菓子で、外側はカリッと固く、内側はしっとりとした食感のお菓子です。
今回食べた季節のカヌレはドライいちじくが使ってあり、いちじくとアイシングがよく合っていました。

と、これで研修旅行は終了。
10:30に大正村浪漫亭の駐車場をスタートして、16:30に終了しました。

参考までに各所のリンクとざっくりとした地図を貼っておきます。
日本大正村
山岡駅かんてんかん
岩村観光協会
かめや菓子舗/カステラCafeカメヤ

だいたいの位置関係だけがわかる地図
1.27地図.jpg


2017/1/28







タグ:日記

昔の保古の湖

今年は強い寒波がきて保古の湖もよく凍っています。
厚いところでは10pくらいです。

でも、数十年前はもっと凍りました。

1.26古い写真.jpg
昭和40年代の冬の保古の湖。
スケートリンクとなっていました。
この部分だけでも何人いるのだか…。

お客様の中には、「昔、スケートに来た」と思い出を語ってくれる方もいらっしゃいます。
こんな保古の湖を見てみたかったです。


2017/1/27

どんど準備

本日は「どんど」を立てました!

1.26どんど準備.jpg

1.26どんど準備2.jpg

1.26どんど3.jpg

今年の真ん中の竹はまっすぐで良い竹です。

どんどは1月29日(日) 10時点火です。
場所は保古の湖畔の芝生広場です。
詳細 http://tao.enat.jp/kougenmatsuri.html


2017/1/26



シクラメンの産地 東濃

シクラメン.jpg

恵那で始まったものの一つににシクラメン作りがあります。
大正時代に恵那市東野で始まりました。
以来、恵那・中津川地域はシクラメンの一大生産地となりました。
現在、岐阜県はシクラメンの種苗生産量日本一です。

毎年、買ったりもらったりで家にはシクラメンの鉢が必ずあります。
小学生の時には地域学習の一環でシクラメン作りの歴史を学んだりして、
花の見た目に対するものだけではない愛着がはぐくまれています。
花が終わった後の管理がなかなか難しくて、翌年は咲かせられないのが悲しいですが。

明知鉄道で「シクラメン列車」を運行したり、恵那市街では「シクラメンまつり」があったりとイベントもいろいろあります。
普通の花屋でも買えますが、そのようなイベント時や産直で手頃な価格でシクラメンは買えます。

今シーズンのイベントの時期は過ぎてしまったので、また来シーズンはご紹介します。
とりあえず、シクラメンの産直販売や花づくりの技術向上に取り組んでいる、
「恵那花き研究会」さんのサイトをご紹介します。

恵那花き研究会



2017/1/25



飛騨牛会席プラン

H28冬飛騨牛会席.jpg

岐阜の美味しいお肉はいろいろありますが、やっぱり有名なのは飛騨牛!ですよね。
ほんとに美味しいのです。
他のブランド和牛と比べてどうとか語れませんが、美味しい。

恵那山荘では5等級という最上級のお肉を使っています。
とても柔らかくて、脂もあまい。
「肉づき」に「旨い」と書いて「脂」だ、ということを実感します。
特にしゃぶしゃぶだとそれがわかりやすいです。
しゃぶしゃぶ用のお肉は薄くて、1人前なんてほんのちょっとしかないように
見えますが(上の写真の通り)、これがなかなか食べ応えがあります。
お肉にさっと火を通して、タレをからめて口へ運べば旨みが広がり、
脳内に快感物質がじゃばじゃば分泌される、そんな味です。
しゃぶしゃぶは3月まで。4月からはメインは鉄板焼きになります。

平日の飛騨牛会席プラン(1泊2食付き)はお1人9,500円です。

ご予約は電話(0573-66-7773)
または、
公式サイト
じゃらん
楽天トラベル
でどうぞ。


2017/1/24




グラウンドゴルフできません

正月明けにグラウンドゴルフできますという投稿をしましたが、
その後、雪が降って降って降って…、なので
林間コースでもグラウンドゴルフはできません。

雪が溶け、整備も済み、できるようになったらお知らせします。



2017/1/23

キジの足跡

冬の初めから7羽ほどのキジの群れが恵那山荘敷地内を周回しています。
普段は宴会場の外で見かけるとか、一定の場所でしか見ないのですが、
雪が降ると足跡が残り、色々な場所にいっていることがわかります。

1.22キジの足跡.jpg


2017/1/22

保古の湖の氷

大寒を過ぎまして、保古の湖の氷は厚みを増しています。
雪を挟んでいるので、強度はあまりなさそうですが。
湖の端から端まで凍っています!

1.21保古の湖.jpg

1.21保古の湖3.jpg

向こう岸には白鳥のボートが…。
取り残された感じが哀れを誘います。
1.21保古の湖2.jpg

湖際のC−15キャンプサイト。
夏場は湖に近くて人気の場所ですが、今はひたすら寒い!
保古の湖からの風が直撃します。

1.21c15.jpg

保古の湖の堤防からは恵那山(左)と天狗森山(右)(多分)が見えます。

1.21恵那山.jpg




2017/1/21

また雪

1.20雪.jpg

夕方よりまた雪が降り始めました。
気温は0.5℃。
予報では降るのは夜だけみたいですが…。
明日は雪合戦とか雪だるま作りとかできそうです。


2017/1/21

春節 恵那峡歌舞伎

恵那峡にある恵那峡グランドホテルで地歌舞伎の特別公演があります。

江戸時代、旅の歌舞伎役者は地方を公演して回りました。
地方の人たちが旅役者から芝居を習い、自分たちで上演するようになり、その芝居をこの地方では地歌舞伎と呼びます。

今回は地歌舞伎の団体が交代で恵那峡グランドホテルで公演します。
恵那山荘がある東野地区の「東野歌舞伎保存会」も出演します。
演目は「白波五人男」ハイライト。
歌舞伎役者と記念撮影もできます。

入場料は無料で、恵那峡グランドホテルに泊まらなくても見れます!


★春節 恵那峡歌舞伎★

日程:1月27日(金)、2月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)
時間:19時30分〜21時30分

※東野歌舞伎保存会の出演は2月3日です。

詳細は岐阜地歌舞伎ツーリズム事務局まで
電話 0584-71-6133


2017/1/19

寒波ゆるむ

寒波がゆるんで昨日今日と晴れました。
道路も雪かきしているので、雪はほとんど溶けています。

また金曜から雪の予報がでています。
雪遊びできるくらいにはなるんじゃないでしょうか。

1.18夕暮れ.jpg
雪の夜はいつもより明るいです。


2017/1/18

日帰り入浴

寒波のせいでここのところ寒いですね。
寒い時はお風呂で温まると気持ち良いですよね!
恵那山荘では日帰り入浴もやっています。

天然温泉ではありませんが、恵那ラヂウム株式会社のラジウム鉱砂をつかった人工ラジウム泉です。
効能は神経痛、冷え症、湿疹、打撲捻挫、痛風など。

雪景色.jpg
展望風呂なので、冬はこのような景色が窓から見られます。

入浴料は大人500円、小学生300円、幼児(2歳以上)200円です。
入浴時間は基本的には10時〜13時、14時〜16時です。
(融通はききますので、お問い合わせください)


2017/1/17

どんど 2017

今年も根の上高原まつり実行委員会主催の「根の上高原どんどやき」が開催されます。

1.17どんど.jpg

日時:2017年1月29日(日) 10:00〜
場所:保古の湖芝生広場

どんどは地域によっては「左義長」、「とんど」など呼び名は変わりますが、
長い竹を立てて、その周りに門松や正月飾りなどを積んで燃やすという行事です。
一緒に書初めを燃やすと字が上達するとか、その火で餅を焼いて食べると無病息災で暮らせるとか言われています。

このあたりだと、本来は1月15日(小正月)あたりにやる行事ですが、
根の上では他のどんどが終わった、1月終わりに行います。
地域行事としてのどんどは、よその地域の人は行きにくいですが、
根の上のどんどは誰でも気軽に参加できます。

内容は根の上高原HPを見ていただくとして、
恵那山荘からお知らせと補足を。

@ふるまいとして甘酒・豚汁がありますが、恵那山荘からはカレーライス、太巻き、フランクフルト・ソーセージの販売があります。
あとあったかいコーヒーも。

A一昨年は前夜に雨が降ったため、坂道が凍結し、スタッドレスでも登れなくなる車が続出しました。
今年は凍結防止剤を撒くなど対策はしますが、万が一登ってこれなくなったら、
下の地図のように迂回してください。
1.15どんど4.jpg

Bご家庭のお正月飾り、門松もどんどに入れて焼くことができます。
当日持ってきていただいてもいいですし、事前に恵那山荘までお持ちいただいても結構です。


2017/1/16

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
1月〜3月はとても予約が取りやすく
なっています。
冬の根の上高原でゆっくり過ごせます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

保古の湖 凍結

保古の湖がいきなり全面凍結です。

1.15保古の湖.jpg

1.15保古の湖2.jpg

1.15保古の湖3.jpg

1.15保古の湖4.jpg

いつもだったら、少しずつ張っていくのですが、今年は突然です。

1.9保古の湖.jpg
1月9日はこんなでした。

屋根下の温度計で、今日の最低気温は-7℃。
湖面は相当冷えたのでしょう。
これでワカサギが釣れればどれだけ風情があることでしょう…。
ワカサギが釣れないのが無念でたまりません。
来年はワカサギが釣れるように、保古の湖外来魚駆除大作戦をするしかないです。


2017/1/15






ユンボ出動

今朝、出勤したら10cm程雪が積もっていました。

この冬は出番が無いかなと思っていましたが、ありました。
ユンボ、出動です。

1.14ユンボ.jpg

手でだけでかくより遥かに早く雪かきが終わりました。

1.14ゆきかき.jpg

道路も午前中には雪かきされていました。



2017/1/14

寒波

この冬一番の寒波が来ましたので、根の上高原も一面の雪景色です。
1.13雪かき2.jpg

そんな中、春にご予約の方が下見でいらっしゃいました。
いらっしゃる前に雪かき。
1.13雪かき.jpg

それでも、革靴、スカートは寒くて動きにくかったそうですので、
こちらにお越しの方は暖かい恰好でいらしてください。


2017/1/13

初雪かき

本日は女城主の里いわむらキャンペーン「オリジナルメニュー」の作成者の撮影なるものが行われました。
撮影場所は岩村で、そのうちなにやらの媒体に載ります。

そのために恵那山荘を2時間留守にしたのですが、その間に雪が積もっておりました。
1.12雪.jpg

2cm程で、大した量ではありませんでしたが、念のため雪かき。
この冬初めての雪かきです。
週末にかけて雪の予報が続いているので、気が抜けません。


2017/1/12

鏡開き

1.10鏡餅.jpg

今日は鏡開きですね。
鏡開きしたお餅はぜんざいにします。


2017/1/11

★★★★★★★★★★★★★
冬はウソやツグミなどの渡り
鳥が恵那山荘の周りにも来て
います。星空も一年で最も
きれいです!
★★★★★★★★★★★★★

岩村醸造蔵開き 2017

1.10徳利.jpg

恵那山荘の売店やレストランでもお酒を扱っている岩村醸造さんで今年も蔵開きが開かれます。
しぼりたての新酒3種類を菰樽から好きなだけ試飲できます。
蔵開きは入場料300円を払いお猪口を受け取り、そのお猪口で試飲、というシステムです。
お猪口は持ち帰れて、以前のお猪口を持参した人は入場料が200円となります。
おつまみの持ち込みはダメだそうです!

蔵開きで酔っぱらって帰れなくなったら恵那山荘でお泊りできますよ。

開催日:2月5日(日)、11日(土・祝)、12日(日)、19日(日)、26日(日)、3月5日(日)

岩村醸造公式サイト


2017/1/10


★★★★★★★★★★★★★
冬はウソやツグミなどの渡り
鳥が恵那山荘の周りにも来て
います。星空も一年で最も
きれいです!
★★★★★★★★★★★★★

恵那山雪化粧

1.9恵那山.jpg
久しぶりに恵那山が真っ白!
根の上高原は昨日の雪がちょっと残っている程度です。

1.9保古の湖.jpg
保古の湖はぜんぜん凍っていません。
いつもだったら凍り始めているのですが…。



2017/1/9

正月飾りを片づける

松の内を過ぎたので、門松・しめ飾りを片づけました。
1.8門松.jpg

片づけたお正月飾りは「根の上大どんどやき」のどんどにします。

今年のどんどは1月29日(日)です。
詳細はまたお伝えします。(私たちもまだ知りません)

もし、処分に困っているお正月飾りがあれば、早めに持ってきてもらえればどんどにします。
しめ飾りは当日でもくべることができます。


2017/1/8

根の上湖

2015年、2016年と堤防工事のため水を抜いていた根の上湖ですが、
工事が終了し、秋ごろから水を溜めはじめました。

1.7根の上湖.jpg

1.7根の上湖2.jpg
8割くらいは溜まっています。
工事のための水抜きの時に魚は保古の湖に移してしまったので、
根の上湖には今は魚はいません。

1.7恵那山.jpg
これは恵那山。
ほんとにこの冬は雪がありません。

1.7御嶽山.jpg
ついでに御嶽山。
今日はよく見えました。
御嶽さんは今年も白いです。


2017/1/7

山岡駅かんてんかんのおひめ様御膳

恵那市岩村では「女城主の里いわむら」をPRしています。
女城主の里.png
公式サイト

そこで市内各所で女城主にちなんだ商品、メニュー・プラン『女城主オリジナル商品』の開発をしたのですが(12/15のブログ参照)、「山岡駅かんてんかん」さんでは「おひめ様御膳(1,480円)」を始めたそうです。

恵那市山岡町は細寒天の全国シェア80%以上を生産する日本一の「寒天の里」。
その寒天を全面し推してるので、もともと寒天をたくさん使ったヘルシーなメニューが多いのですが、
おひめ様御膳は見た目もとっても上品で女性向けな感じです。
詳細は公式フェイスブックで。

明知鉄道開業当時の車両アを列車レストランとしているのも面白いところです。



2017/1/6

グラウンドゴルフできます

この冬はあまりにも暖かく雪も降らないので、
グラウンドゴルフ場の林間コースはホールポストを立てたままにしています。

林間コースのみですが、グラウンドゴルフができます。


2017/1/5

宿泊プランの案内

今日から仕事始めのところが多いようですが、
恵那山荘も正月プランは昨日でおしまい。
今日から通常のプランです。

通常のプランは
★お値打ち会席プラン
H28冬お値打ち会席.jpg
平日7,500円、土曜・祝前日8,500円

★季節会席プラン
H28冬季節会席.jpg
平日8,500円、土曜・祝前日9,500円

★飛騨牛会席プラン
メインは飛騨牛のしゃぶしゃぶ
H28冬飛騨牛会席.jpg
平日9,500円、土曜・祝前日10,500円

★女城主宿泊プラン
H28冬季節会席.jpg
女城主の冷酒の純米吟醸付
平日、土曜・祝前日とも9,000円

※料金は2名以上で1室に泊まる場合。
※子供料金は別。

ご予約は電話 0573-66-7773 か、
ネットからどうぞ。(恵那山荘公式サイトじゃらん楽天


2017/1/4

大正村クロスカントリー&恵那峡ハーフマラソン

今日は箱根駅伝復路でしたね。
青山学院大の三連覇。
走るのは苦手ですが、気になって中継は見ちゃいますね。

さて、自分が走るのが好き!という方にクロスカントリーとハーフマラソンのお知らせです。

第33回日本大正村クロスカントリー

開催日:3月19日(日)

2マイル(3.2km)、6マイル(9.6km)、10マイル(16km)の3コースです。
クロスカントリーとは言っても全コース舗装路を走ります。
しかし、10マイルコースは最大標高差が190m、「折れない心をお忘れなく!」(公式サイト)

申し込みの締め切りは郵便振り込み・窓口受付は1月22日(日)、
ランネット受付は1月29日(日)ですが、定員の2,000名になり次第締め切りだそうです。

日本大正村クロスカントリー公式サイト


第16回恵那峡ハーフマラソン

開催日:4月16日(日)

「恵那峡」と冠していますが、実際に走るのは武並、三郷、長島といった地域です。
日本陸連公認の大会で、毎年盛況です。
コースはハーフマラソン(日本陸連公認コース)、3kmロードレース、
親子ジョギング(3km)、フリージョギング(3km)です。

申し込みの締め切りは郵便振り込みは1月31日(火)、
ランネット受付は2月28日(火)ですが、定員の3,500名になり次第締め切りだそうです。

恵那峡ハーフマラソン公式サイト

大会自体はまだ先ですが、受付締め切りは近いので、ご注意ください。



2017/1/3

★★★★★★★★★★★★★★
根の上高原も今年の冬は暖かめ。
それでも運転が不安な方は麓に
冬期駐車場があります。そこま
で送迎いたします。
★★★★★★★★★★★★★★



国民宿舎恵那山荘の最寄りのインター

恵那山荘公式サイトのアクセスのページにも書いていることですが、
最寄りのインターは「恵那」です。
距離的には中津川インターが近いようなのですが、道が非常に険しいです。
中津川インターから恵那山荘に来る場合、「手賀野」という信号を
右折して県道413号線を通るのですが、それが1車線で非常に狭くて
外灯もなくて、山道なのにガードレールがないところもあります。
狭いのに待避所もあまりなくて、避け合いも難しいのです。
数年前には大型バスが途中まで登ってきて、にっちもさっちもいかなくなり、
大変なことになりました。

そんな道ですが、カーナビを使うと、そちらを案内されることが多いようです。
カーナビに誘導されるまま、とても怖い思いをされて到着されたお客様が、
何人も何人もいらっしゃいます。

恵那インターからの道もくねくねした山道がありますが、片側1車線で、
道はきれいで、断然運転がしやすいです。
ですので、カーナビがなんと言おうとも、恵那インターで下りていただくよう、
お電話で予約された方には案内しています。



2017/1/2

★★★★★★★★★★★★★★
根の上高原も今年の冬は暖かめ。
それでも運転が不安な方は麓に
冬期駐車場があります。そこま
で送迎いたします。
★★★★★★★★★★★★★★

あけましておめでとうございます

旧年中はご愛顧いただき、まことにありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は定番は押えつつ、マンネリ化しないようやっていきたいと考えています。
あと、今年こそ保古の湖をワカサギが釣れる湖にしたいです。

さて、今日の朝食。
1.1朝食.jpg
おせちにお雑煮と、お正月らしくいつもより豪華です。


2017/1/1


★★★★★★★★★★★★★★
根の上高原も今年の冬は暖かめ。
それでも運転が不安な方は麓に
冬期駐車場があります。そこま
で送迎いたします。
★★★★★★★★★★★★★★